スポンサーリンク

生活に関してのアイデア41~50

1.
子供に英会話のクラスを受けさせようかどうかを考えています。赤ちゃんからのクラスがあるのは知っているのですが、覚えてもすぐに忘れるのも知っています。一番効果が大きく表れる時期・期間を知りたいので実際に子供を通わせている人の年単位の上達具合・通う頻度・クラスの人数・英会話以外に何をしているかなどの体験談などをまとめてほしいです。
0
2.
ペットをペットショップで購入するにあたり、都内の各主要ペットショップで扱っている、ペットの種類や値段の情報が、ネット上で見つかりにくいので、そういった情報を一覧にして掲載してくれるサイトがあれば、便利だと思います。ペットを購入したいと思った時に、こういった情報は必要になりますし、普段は都度ペットショップに足を運んで、扱っているペットや値段を確認しなくてはいけません。こういた一覧情報があれば、ペットを購入する際に、参照できてとても便利だと思います。
0
3.
美術館やギャラリーで行われている展覧会などの情報をまとめて、一覧で見れるような情報がネットでは、見つけづらいので、そういった情報を一覧で見れるサイトがあれば、便利だと思います。美術館に行こうと思った時に、普段、各美術館のサイトなどを都度確認して、調べていますが、時間もかかってしまい、結構面倒です。こういった展覧会の一覧情報があれば、美術館に行く際に参照できて、とても便利だと思います。
0
4.
数日目,続けて2度落とし物をしました。1度目は家のカギです。その日は残業で帰宅したのは夜11時頃でした。ひとり暮らしのため,がギがなければ家には入れません。カギは鞄の外ポケットに入れており,電車のICカードと同じポケットに入れております。落とした可能性が考えられるのは,家を出るときかICカードを取り出したときです。とりあえず駅まで戻り問い合わせてみましたが,その駅にはありませんでした。朝は別の駅から乗車しているのでそちらの駅と職場の最寄り駅に問い合わせて貰ったところ,どちらの駅にもカギが届いていると言います。落としたカギの特徴を説明しましたが,自分のものかわから確信が取れず,とにかく確認に行きました。あいにくはじめに訪れた駅のカギは自分の物ではありませんでした。幸いにも,もう一方のカギが自分のもので,なんとか家に入れました。数日後,今度は友人からプレゼントされた手袋を落としました。どこで落としたのかもわからず,とりあえずインターネットで落とし物を検索してみました。市の落とし物をとりまとめたサイトがありましたが,「手袋,片方,黒」などの情報しかないので自分のものかわかりません。画像付きで落とし物を検索できるサービスが欲しいと思いました。
0
5.
個人で、被災者を、受け入れます。部屋使っていいです。情報をのせるサイト。被災者支援団体が該当者をマッチングさせるのに使う。
0
6.
ペットホテルはあるけれど、家に来てくれるペットシッターがあったら嬉しい。留守中の散歩やえさやり、シーツの取り替え等、インターネットで必要項目にクリックするとそれだけ安価でやりにきてくれるサービスがあると助かります。
0
7.
混雑中の道路でトイレが困ります。そういった時にトイレレスキューのようなサービスあるといいですね。呼ぶと5分以内で駆けつけてくれて、すぐそばにトイレを設置してくれるサービス。
0
8.
夕方5時半以降に小学生を預かってくれるサービスがあったらいいです。夫婦共働きが増えた事と方親家庭が増えたことで、1人でお留守番している子供が増えています。学童保育はありますが、夕方5時半までは子供だけで帰って良いが、それ以降6時まではお迎えが必要です。共働きにより、6時までに帰宅できない家庭や、母子家庭で6時に迎えに行く事ができず学童保育を利用せず、中には深夜まで1人でお留守番している子も意外に多くいます。そんな子が不憫でなりません。親の帰宅時間まで子供を預かってくれる場所があったらどれだけ子供も親も安心できるかと思います。お金がかかってでも安心したいかたは多いのではないでしょうか。
0
9.
キャンプに行く際、大きな荷物を届けてくれるサービスがあったら良いです。家族4人でキャンプに行く事があるのですが、キャンプ場は山の中にある事が多いので、自転車を現地に持っていきたいですが、4人分の自転車は持っていけないので不便です。自転車の他にもテントや大きな荷物を運んでもらえたら嬉しいです。
0
10.
絶対に起こしてくれるサービス。腕に装着して、時間が来たら電気刺激で起こしてくれる。ボタンを押せば止まるが、軽い刺激は続く。また寝てしまうことを防ぐために、1分経過したらまた電気刺激が起きる。完全に止めるには4桁の暗証番号を押さなければいけないが、これを入力するには電話で番号を聞き出さなければいけない。暗証番号を押せば、ロックが解除になり、腕から外すことが出来る。これで、完全に目が覚めることになる。
0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク