スポンサーリンク

生活に関してのアイデア351~360

1.
有料の悩み共有サイト。やはり人の悩みというのは同じ境遇で発生した場合に同調が生まれやすいので、似た系統の悩みで集まる場所を作ってグループカウンセリングを受けたり、集まった人たちでお茶をすると癒されたり悩みが軽くなるんじゃないかと思いました。悩み相談で実際会うことも出来るサイトは、悩んでいる人間が多い世の中では役に立つのではと思いました。
0
2.
アメリカなどの海外では警察等の組織も導入しているセグウェイですが、日本では法整備が進んでおらずその導入はあくまで私有地内にとどまっているようです。しかし、その利便性から徐々に使用を希望する人も増えているように思います。こうした方々へ向けてセグウェイを貸出すサービスがあるとよいと思いました。
0
3.
既に存在しているかもしれませんが、緊急地震速報の際にそのスマートフォンのある地域における最寄りの避難場所が表示されるサービス(アプリ)があると、緊急地震速報の際に動揺した状況下においても冷静な行動をとるための一助となると思いました。
0
4.
大手企業の行っている類似サービスとしては、DM作成に伴う郵便差し出しサービスがありますが、DM以外の一般郵便物について差し出し代行(オフィス等への郵便集荷)のサービスがあると、中小企業などのオフィスでの事務負担の軽減に繋がると思いました。
0
5.
PTA代行サービス。PTAでの持ち帰りの仕事を代行してくれるサービス、出席はできないと思いますが、。広報などを自宅で行ってくれるサービス
0
6.
社会人の為の学習塾なるものがあれば便利と思います。上司との良好な人間関係の築き方や、出世する為の手法など、中小企業の社員向けにすると面白いのではないでしょうか。
0
7.
セミナーの情報が一括されて検索できるメディア(サイト)があれば便利と思います。参加費別、開催場所、セミナー内容、日時で検索出来、全国で開催されている様々なセミナーを知りたいです。
0
8.
携帯電話でオフラインでも使えるナビゲーションシステム。インターネット通信が初回のアプリをダウンロードするときだけですむなら携帯の通信データの容量制限を気にしなくてたくさん使えると思います。
0
9.
私は現在団地に住んでいるのですが、団地周りやゴミ置場の掃除は業者がしてくれています。そのため、団地に住んでいる住民はいっさい掃除には関わっていません。今高齢社会で、一戸建ての住民の場合、高齢の住民はゴミ置場の掃除はしないで、若い夫婦や家族に負担がかかってくるので、一戸建てに住民にも団地のように業者に掃除を頼めればな、と思います。若い世代でも仕事に出かけないといけない人も多く、自分達ばかり負担になるのは不公平になると思ったからです。
0
10.
ハザードマップを電柱などに付けるサービスがあれば、どこにいても安心できると思います。災害時に自分の土地勘の無い場所にいることも考えて。
0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク