スポンサーリンク

医療に関してのアイデア41~50

1.
病気になって処方された薬の飲み忘れを防ぐために、薬の包装などにタグをつけて、飲み忘れがあると本人の携帯や家族の携帯にアラート通知をする仕組みがあればいいと思います。
0
2.
置き薬セールスのように災害用グッズのセールスがあると、楽かもしれない。個人で準備するのも手間がかかるので。
0
3.
体調不良で起きている症状がどの科を受診したら良いか不明な時に,症状を選択していくと疑わしい病名にたどり着き,最も適した近くの病院を探してくれるサイト
0
4.
今日の臭い指数を測定してくれるサービス。スマホを口や体に近づけると臭い指数が出る。自分では気づかない臭い。これで体臭を事前にケアできる。
1
5.
震災直後で交通機関などが使えないときなど、病院から避難所へドローンを飛ばし。自宅から持ち出すことの出来なかった薬を届けてもらえるサービスがあったらいいなと思います。。大きな地震が起きた場合、外出先で非難したり、家屋が倒壊して薬が持ち出せないことがあります。。私が飲んでいる甲状腺機能低下症の薬は1週間飲まないと症状が悪化してしまいます。この薬は最大2か月分しか薬を処方できない為、避難生活が長引くと薬が足りなくなります。災害の状況では病院に行くこともできないと思うので、通院している病院・処方されている薬の確認が取れたら届けてもらえると安心です。。私の薬は一刻を争いませんが心臓病や糖尿病、精神安定剤など必ず服用しないといけない人も避難所には多くいるのでドローンを伝書鳩のように使い、病院に必要な薬を知らせるサービスが欲しいです。
0
6.
お家で簡単に血液チェックできるシステムが欲しいです。少し難しいかもですが、子供がとても体調が悪く、血液の状態が常にわかれば良いのに・・と思ったことがあったからです。唾液をつけてその日の体調がわかる、などのリトマス試験紙のような物も嬉しいです。
0
7.
病院の診察待ちを明確にする共通サービス。現在の診察待ち人数、予想待ち時間、予想される診察予定時間がリアルタイムでわかるサイトになっている。現在でも小さな診療所で上記のような情報を出しているところがあるが、それをもっと便利にして大きな病院も共通して使えるようなサービスが欲しい。今日はどっちの病院の方が空いている、など比較ができるし、体調が悪い時にいつ診て貰えるかもわからず長い待ち時間に耐えるのは本当に苦痛なので。
0
8.
よく電車の中で具合が悪くなって電車を止めてしまう人がいますが、駅に看護師付きの保健室みたいなものを作って具合が悪いなと感じたらそこで一休みできるような施設があるといいなと思います。また飲みすぎて電車の中で戻してしまいそうなときも利用できればいいなと思います。
0
9.
市販薬の使用感や、副作用等個人的な情報を発信してそれをまとめてくれるようなサービスがあれば利用してみたい。
0
10.
医療施設でのサービスで、脳内の記憶を分析したら、過去から現在における自分のヒストリーを作成してくれる。そして、そこから、自分が幸せな方向へ進むために必要とされるメソッドを教えてくれる。
0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク