スポンサーリンク

医療に関してのアイデア31~40

1.
駅前簡易「薬局」。キヨスクくらいのスペースで店員は薬剤師さんが一人。風邪薬、解熱剤、吐き気止め、下痢止め、鼻炎薬など「仕事休めないけど今すぐに少しでも症状を楽にしたい」と思う緊急性の高い薬に絞って販売。ドラッグストアは大体9時10時にならないと開店しないので、通勤中に寄れるよう始発くらいから開店して欲しい。
0
2.
格安通販型の歯の矯正マウスピースがあるといいです。最近3Dプリンタでマウスピースを作成矯正ができるようになったようです。駅前などの店舗で歯形をとり、あとは定期的にマウスピースが届くようになると安く出来ないかなと思います。歯の矯正は高いので安くなると多くの人が利用できますし、私もぜひ使いたいです。
0
3.
パニック障害など障碍者認定されないような微妙な精神疾患をもっている人たちの就労支援サービスを提供してくれるようなものがあればうれしいです。
0
4.
土日休日に営業していない、銀行、役所、病院などを、事前に予約して、特別に土日休日に利用できるサービスがあったら便利だと思います。もし、そのように予約して特別に対応してもらうとしたら、普通に利用するより料金はだいぶ高くなると思いますが、それでも土日休日に利用できるというメリットは魅力的です。
0
5.
パニック障害でリハビリが必要な方に対して一緒に電車に乗ったり、ウォーキングをしたりして社会復帰への後押しをしてくれるサービス
0
6.
息を吹きかけると、その時の体調がわかるアプリケーション。スマホに息を吹きかけるとその息の成分を分析し、その時の体調がどうなのかを知らせてくれる。
0
7.
家族とはいえ、いびきはつらい。寝袋を使って防止したい。そこで完全防音システムをほどこした寝袋の開発。
0
8.
視力が悪い人のためのサービス。視力が悪くなる度にコンタクトレンズや眼鏡を交換するのが面倒なので、ある機械に挿入すると自分にとって適切なレンズに加工してくれるサービス。
0
9.
嘘発見にはありますが、本当にもっとわかりやすいように、例えば相手の表情や声を動画で取ることで相手の本心がわかるシステム。
0
10.
症状にあった市販薬の候補を提示するサービスが欲しいです。例えばインターネットなどで下記のような体の状態を入力し、。・熱は何度あるか。・どのような不調か。(“鼻水”“吐き気と言ったキーワードの中から選択など)。・身長・体重。上記内容からその症状に一番合うであろう市販薬を自動で選出(処方?)してくれるサービスです。病院へ行けず、でも薬が必要な時に役立ちそうです。
0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク